読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスITエンジニアのすすめ

フリーランスITエンジニアの働き方についてのブログです

フリーランスエンジニアがそんなに無理をせず売上1000万円を稼ぐ方法

今回は前回とはテーマを変えてお金の話をしたいと思います。

皆さんはフリーランスとしていくら稼ぎたいでしょうか。多くの人はまず売上1000万円を目標とするのではないでしょうか。

今回はこの売上1000万円の達成をテーマに語らせていただきたいと思います。

f:id:freelance_it:20161211141813j:plain

私自身の売上はちょうど1000万円を超えたくらいのあたりですが、例えば、稼働を極端に上げるような無理をして稼いで訳ではありません。

時間外精算も今年は0でしたし、月当りの労働時間も概ね160H程度で安定しています。そんな私の経験をもとに売り上げ1000万円を達成するにはどうすれば良いのかお話しします。

単価と稼働率

売上を上げるためのパラメータとして重要なのが、「単価」と「稼働率」です。

「単価」とは1人月の価格であり、「稼働率」とは年間どれだけの割合で仕事が入っているかということです。この二つのパラメータをどう確保していくかというところが重要なポイントになってきます。

例えば、稼働率100%ならば単価約83万円で1000万円を達成できますが、一月でも休みの月を作ってしまうと、単価90万円でないと1000万円を達成できません。2ヶ月休むとなると単価100万円です。

プログラマーとしてプロジェクトに参画するとなると、単価90万円以上というのはかなり高いレベルになってしまうので、なかなか難しいと思います。

したがって、一般のプログラマーが売上1000万円を達成するとなると、やはり稼働率100%を維持しないと厳しいでしょう。100%維持は最低条件であると思います。

オススメは長期常駐案件

では、どうやって稼働率100%を達成するかですが、これは長期常駐案件に入ってしまえば簡単に達成できます。長期案件ならば、仕事探しのコストもかかりませんし、仕事が途切れる心配もないので、精神的にも安心して参画できます。

ただし、1年以上の長期の案件となるとクライアントもそこそこ大手が多くなるでしょうし、どうやってそこと繋がりをつくるかがカギになるでしょう。

ちなみに、私はこのケースです。

単価83万円以上でクライアントと契約する方法

稼働率100%が確保できるという前提ならば、単価83万円で目標が達成できます。

この83万円という金額ですが、そこまで難しい金額ではないと思います。ただし、大手エージェントを経由すると結構難しいラインです。大手エージェントはとにかくマージン率が高いです。20%以上もザラです。仮にクライアントが単価100万円で発注したとしてもマージンを20%取られてしまうと、エンジニアの手元に来る金額は80万円になってしまいます。これはかなり大きいです。

ですので、できるだけエージェントを利用せず個人のコネで仕事を見つけるようにしましょう。その方法は前回のエントリで書いた通りです。

非常駐ならばひたすら仕事を請けまくるしかない

一方で、非常駐(自宅)で仕事をされているフリーランスの方もいます。

こういった方の場合、クライアントも小規模の企業で、時給制での開発支援や小規模な請負案件といったケースが多いようです。

このような場合、頻繁に契約手続きや、案件の切り替えなどのオーバーヘッドが発生するため、なかなか安定した売上を確保できません。

周りの非常駐型のフリーランスを見てみても、金銭面では常駐型よりも苦労をしているように見受けられます。

ただ、非常駐型は複数のクライアントの案件を同時並行にこなすことができるというメリットがあるため、パフォーマンスのでる方であれば、とにかく多くの仕事を請け売上を確保するということも可能でしょう。